MENU
人気医師が答えるわきが・多汗症のエトセトラ

多汗症の仕組み

人体は、環境(暑さ)や運動によって体温が上がりすぎることを防ぐため、汗をかき、その汗の蒸発とともに熱を発散することで体内温度の調節が出来るようになっています。ただ、一部その汗の量が通常の範囲を超えてしまう場合があります。

多汗症とは

多汗症とは、通常の人が汗をかくことはない状況のもとで汗をかく疾患のことです。分類としては、全身的に汗を大量にかく全身性多汗症と、身体の一部で発生する局所性多汗症というものがあります。

全身に汗をかく全身性多汗症は、高温多湿な環境や熱性疾患、激しい運動の直後などで一時的にみられるケースが多くありますが、慢性的に発生するケースもございます。

一方、身体の一部で大量の汗をかく局所性多汗症とは、主に精神的な過度の緊張が原因となって、手のひら、足の裏、わき等の屈曲部、顔面などに多く見られます。

わきの多汗症とわきがは違う

当院にお越しいただく方の大多数の方が屈曲部分のわきに対する局所性多汗症をお悩みの方ですが、多くの方が、わきがと勘違いされてご来院されてきます。確かに多汗症にも臭いがありますので、わきがと思われる理由はわかりますが、わきがと多汗症は全く別のものということを忘れないでください。

その違いですが、わきを例にしてご説明しますと、多汗症はエクリン汗腺わきがはアポクリン汗腺から汗が発生されます。原因となる汗腺が全く異なりますので、多汗症が原因の方に、わきがのアポクリン汗腺を切除する手術をしても、症状が改善されるケースは少ないです。

わきがと多汗症は全く別の疾患となりますのでその判断を医師が間違わないことが最低限必要なことですが、実績や経験が少ない医師が間違って判断しトラブルになるケースも過去に報告されています。

今はわきがと多汗症両方に効くミラドライという施術も一般化しておりますが、手術をご決断される前に、必ずセカンドオピニオンを実施いただくことを強く推奨します。

わきが・多汗症
人気ランキング

1位

2位

3位

湘南美容外科クリニック