MENU
人気医師が答えるわきが・多汗症のエトセトラ

治療の種類

わきがや多汗症の治療は注入、マイクロ波、シェービング法、手術など数種類ございます。治療により効果やダウンタイムが変わりますので、症状やライフスタイルに合わせた治療をご選択ください。

マイクロ波による治療(ミラドライ)

ミラドライはお肌を切ることなくわきが、多汗症両方に効果的な新しい施術法です。電子レンジと同様のマイクロ(電磁)波エネルギーを利用して、汗腺にある水分をターゲットとし、わきの下の汗やにおいの原因であるアポクリン腺・エクリン腺の機能をなくしていきます。
失われた汗腺は再生しませんので、お肌に傷を作らず、手術同様長期間の効果をもたらします。ダウンタイムも少なく、今人気の治療です。

>詳しくはこちら

ボトックス注射による治療

脇の下にボトックスを注入することでエクリン汗腺の活動を抑制し汗の分泌を抑える治療です。主に多汗症の治療に効果的です。効果は永続的なものではありませんが、治療時間約5分のお手軽な治療です。

>詳しくはこちら

シェービング法による治療

シェービング法とは小さな穴からレーザーを照射し、特殊なシェービング機で臭いの原因であるアポクリン汗腺を取り除く施術です。わきがの原因であるアポクリン汗腺自体を取り除くため、しっかりとした効果、実感を得られます。傷跡が小さくダウンタイムも少ないことも特徴です。

>詳しくはこちら

完全摘出法による治療

完全摘出法とは切る治療ですが、ドクターの直視下でひとつひとつ丁寧にエクリン腺、アポクリン腺を取り除いていきますので、1回の施術で臭いや汗を最大限解消したい方におすすめの治療です。ダウンタイムもほかの施術と比べて長くかかりますが、経過とともに傷跡は小さくなり、確実な効果が期待できます。

>詳しくはこちら

わきが・多汗症
人気ランキング

1位

2位

3位

湘南美容外科クリニック